JUGEMテーマ:相続

今日は、愛知県弁護士会における、相続についての、新規登録弁護士研修が行われました。

本当に、みなさま、お疲れ様でした。

 

今までも、相続の研修は行われていましたが、今年は、愛知県弁護士会・名古屋法律相談センターおよび一宮法律相談センターにおける、相続専門相談 の1年目。

そこで、新規登録弁護士研修という、弁護士1年目の人が受ける研修をビデオ録画して、これを相続専門相談の登録員の方に聞いてもらう相続専門研修に役立てようという試みです。

1年目の人にもわかりやすく、中堅弁護士が聞いても整理になり、ベテランが聞いても新たな気づきが得られる講義。
相続専門相談のための相続専門研修に利用しようという試みは、実際、研修を行う担当チーム員においては、深く、難しいテーマとなりました。 

かつて行ってきた、新規登録弁護士研修の相続のコマの内容とは、比べ物にならないほど、検討時間があてられました。
専門部会のチーム員は、何度もチーム会を重ね、議論を深めました。

正直、チーム会の内容を聞いてると、ここまでの内容は、レベルが高すぎるのではないか、盛り込みすぎではないか、新人が理解できるのか、心配になったくらいでした。

当日は、チーム員も、きがかりで、たくさん聞きに来ていました。新人のみならず、多くの、運営担当者も、その内容を熱心に聞き入っていました。
その内容は、新人のみならず、中堅、ベテランに聞いていただいても、ためになったといえる研修になったと思います。

経験の少ない、新人は、その内容を聞いて、今回の研修のありがたさを本当に理解してもらえたのかは、気がかりですが、内容はよく理解できたと思います。本当にわかりやすかったです。あたかも、どこの文献にも書いてある、基礎的な内容ですので、理解してください、という体で、さらっと講義をしているのですが、その内容は、どこの文献にも書いていない、税法と民法の関連や、税法改正後の問題点、相続問題のテクニックや、判例の実務ポイントを踏まえた、深い内容になっていました。

新規登録研修だから、といって安易に聞いていた人がいたとしたら、猛反省していただき、相続問題の事案の経験を各事務所で経験したのちに、もう一度、改めて、この研修を聞いてほしいと思います。

ただ、後ろから見ていた限りにおいては、みなさん、一生懸命聞いていたように思いましたので、安心してください。

今回の研修は、何度も聞くと、ああ、こういう意味だったんだ、と理解がより深まる、そういう、本当に深い内容の研修だったと思います。

私自身、この研修を聞いて、チーム会にも参加させていただいているので、知識としては、当然、全部、わかっているのですが、それでも、あらためて、今回の研修を聞きながらいろいろ考えて、こういう相続対策もありうるな、今後の事件対応に応用してみよう、と考えさせられた時間でした。 

カメラマンに録画もしていただき、相続専門の基礎研修として、今後の研修にも用いられる予定です。
そこで、今後、愛知県弁護士会の名古屋法律相談センター、一宮法律相談センターの相続専門相談の登録者に対して利用される、専門研修として用いられるように、さっそく準備をすすめますので、相談登録員の方は、楽しみにしていただければと思います。

抽象的にいってもわかりにくいので、その一端を紹介します。

例えば、生命保険の保険金が相続の対象になるのか、という点については、多くのホームページ上の記載が、相続の対象にならないとだけ記載して、満足(?)している感じになっています。

しかしながら、今回の研修では、更に踏み込んで、税務上は、一定の基準において控除の対象となるというばかりでなく、最高裁の判例 を踏まえて、生命保険の保険金の全体の遺産と比較した割合の大きさと、保険料の多寡を見て、一定の場合には、特別受益の対象となりうるという点を、わかりやすく、解説いただきました。

もちろん、この判例を取り上げているホームページも多いのですが、単に判例が紹介されているのみで、これが実務上、どの程度問題となっているのか、また、どのように利用することができるのか、何を気を付けなければいけないのか、踏み込んで解説されているものは、私が探した限りでは、見当たりません。

今回の講義では、基礎研修ですから、さらっと触れている感じではあるのですが、その一言一言が、よく考えると、さらに踏み込んだ、深いという内容になっていたのです。

研修とは、話し手の技術もあるのですが、その内容をくみ取る、聞き手のレベルもあるのかもしれません。 

新人弁護士も、今回の研修のレジュメを、是非、何度も読み直して、また、実務経験を経てから、改めて、聞きなおし、また悩んだ時に、見直しながら、実務対応を進めていただいたら、より、理解が深まってよいのではないか、と思います。

何より、専門部会の春チームのメンバーが、何度も何度も、遂行を重ね、今回のために、調査や研究をして、資料やレジュメを作成いただき、そして、講師の加藤弁護士が、わかりやすく解説していただいた、その結果によって、このような素晴らしい研修になったと感じました。 

こういう研修をやり続けて、聞き続ければ、愛知県弁護士会の弁護士の相続についてのレベルは、間違いなく上がるだろうし、これを実施するチーム員のレベルは日々とうとう高まっているし、全国的に見ても、愛知はすごい、と依頼が来るようになる、という私の夢は、近い将来、本当に実現するなあ、などと思いふけりながら聞いた研修となりました。

本当に、みなさま、お疲れ様でした。


管理人